ニュース
» 2018年06月08日 07時00分 公開

WhiteSec:組み込み機器向けマルウェア対策ソフト「WhiteSec」にLinux版

セキュアOSの技術を用いた、組み込み機器向けのホワイトリスト型マルウェア対策ソフト「WhiteSec」にLinux版が用意された。ハードウェアリソースの少ない機器でも、マルウェア対策が可能だ。

[渡邊宏,TechFactory]

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリはIoT/組み込み機器向けマルウェア対策ソフトウェア「WhiteSec」のLinux版を販売開始した。WhiteSecは2017年12月にWindows版が販売開始されいるソフトウェアだが、産業機器や組み込み機器にOSとして多く採用されているLinuxに対応することで、より広範囲な機器で導入が可能となった。

 機能としては、あらかじめ登録されたプログラムのみ実行を許可するホワイトリスト実行制御機能や、金融機関などに採用実績があるサーバ向けセキュリティツール「SHieldWARE」の技術を用いて開発された高速な改ざんチェック機能、ACLによるファイル/ディレクトリのアクセス制御などを備えている。

photo ホワイトリスト方式の動作概要(出展:富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ)

 ハードウェアリソースの限られるIoT/組み込み機器での動作を考慮し、メモリ/ストレージともに2MBがあれば動作する。CPUアーキテクチャとしては、x86とx64それにARMに対応する。動作OSは各種組み込みLinuxで、導入環境に応じたボーディングを実施しての提供になる。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.