特集
» 2018年06月08日 09時00分 公開

CADは“Cognitive Augmented Design”へ:「3DEXPERIENCE CATIA」とは何か? ダッソー・システムズが解説 (1/3)

ダッソー・システムズが提唱する「3DEXPERIENCEプラットフォーム」上で動作し、3D CADデータ資産を設計だけでなく、解析、製造、マーケティングといった領域にまで拡大して、その価値を最大化できる「3DEXPERIENCE CATIA」とは何か? ダッソー・システムズ主催の「CATIA勉強会」の内容を基に解説する。

[八木沢篤,TechFactory]

「3DEXPERIENCE CATIA」とは

 ハイエンド3D CADの代表格「CATIA」を知らない設計者はおそらくいないだろう。フランスのDassault Systemes(ダッソー・システムズ)が開発する3次元設計環境で、航空宇宙や船舶、自動車といった大規模アセンブリの設計開発において、多くの企業が採用している。

 もともとCATIAは、戦闘機「ミラージュ」の製造で知られるDassault Aviation(ダッソー・アビアシオン)が自社航空機の設計のために開発したソフトウェアで、その開発部隊を母体に、1981年に設立されたのがダッソー・システムズである。

ダッソー・グループについて ダッソー・グループについて(出典:ダッソー・システムズ)

 詳しいCATIAの歴史に関しては、「上流工程の全てが『CATIA』に詰まっている! 気軽に導入できるクラウド版も」をご覧いただくとして、本稿ではメディア向けに開催された「CATIA勉強会」の内容を基に、「3DEXPERIENCE CATIA」のコンセプトや代表的な機能について紹介する。


“良い製品”というだけでは選ばれない時代へ

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.