ニュース
» 2018年06月07日 07時00分 公開

計測結果の転記、PC入力作業を「音声」で:トヨタ系完成車メーカーが車両監査業務で音声認識キーボード入力システムを活用

トヨタ車体グループの完成車メーカーである岐阜車体工業は車両監査業務において、アドバンスト・メディアの音声認識キーボード入力システム「AmiVoice Keyboard」を採用した。

[八木沢篤,TechFactory]

 アドバンスト・メディアは2018年5月28日、岐阜車体工業が車両監査業務において、日本語109キーボードを声でコントロールできる音声認識キーボード入力システム「AmiVoice Keyboard」を採用したことを発表した。

 トヨタ車体グループの完成車メーカーである岐阜車体工業は、「ハイエース」「コースター」の生産を手掛けており、スマート工場化に向けて積極的にITを活用しているという。


音声入力により、車両監査の作業時間を3分の2に削減

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.