ニュース
» 2018年06月01日 07時00分 公開

キヤノンITS VANTIQ:人とマシンの協業を高次元で実現するIoT向けアプリ開発プラットフォーム

キヤノンITソリューションズは、米Vantiqの次世代アプリケーション開発プラットフォーム「VANTIQ(バンティック)」の提供を開始する。

[八木沢篤,TechFactory]

IoTやAIを活用したシステム構築の課題を解消

 キヤノンITソリューションズ(以下、キヤノンITS)は2018年5月21日、米Vantiqとの間で販売パートナー契約を締結し、イベントドリブン型のアプリケーションを短期構築できる開発プラットフォーム「VANTIQ(バンティック)」を同年6月1日から提供開始すると発表した。


 近年、IoT(Internet of Things)やAI(人工知能)を活用した新たな価値創出に向けて、設計、開発、流通などの各現場で生み出される膨大なデータを、リアルタイムに処理および分析し、それらを価値に還元するシステム構築を柔軟かつ早期に実現することが求められている。

 こうした市場ニーズに応えるべく、キヤノンITSはIoTを活用した新たな価値を短期創出するためのツールとしてVANTIQの取り扱いを開始し、併せてVANTIQを中心としたシステム構築サービスを提供する。

「VANTIQ」の活用イメージ 「VANTIQ」の活用イメージ(出典:キヤノンITソリューションズ)

「VANTIQ」により、高次元な人とマシンの協業を実現

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.