ニュース
» 2018年05月31日 09時00分 公開

パナソニック モバイルコミュニケーションズ:屋外ではなく“屋内”現場でスマートに使えるタフネス端末「TOUGHBOOK FZ-T1」

パナソニック モバイルコミュニケーションズは、物流、製造、小売など屋内現場の利用を想定した小型、軽量の5.0型頑丈ハンドヘルド端末「TOUGHBOOK FZ-T1」を、2018年10月をめどに販売開始する。機能やタフネス性能を抑え、屋内利用できるスマートなデザインの端末がほしいといったニーズに応える。

[八木沢篤,TechFactory]

「TOUGHPAD」は廃止、ブランドを「TOUGHBOOK」シリーズに統一

 パナソニック モバイルコミュニケーションズは2018年5月29日、現場利用を前提とした頑丈設計でおなじみの「TOUGHBOOK(タフブック)」シリーズの新ラインアップとして、小型、軽量の5.0型頑丈ハンドヘルド「TOUGHBOOK FZ-T1」(以下、FZ-T1)を開発し、同年10月をめどに販売開始すると発表した。販売価格は8万円程度を予定する。

 これに併せ、従来展開してきたモバイルPCタイプのTOUGHBOOKシリーズと、タブレット端末およびハンドヘルド端末で展開してきた「TOUGHPAD(タフパッド)」シリーズのブランドを“TOUGHBOOKシリーズ”に統一し、より一層の認知度向上を図るという。

パナソニック モバイルコミュニケーションズは小型、軽量の5.0型頑丈ハンドヘルド「TOUGHBOOK FZ-T1」を発表 パナソニック モバイルコミュニケーションズは小型、軽量の5.0型頑丈ハンドヘルド「TOUGHBOOK FZ-T1」を発表。同社 代表取締役社長の武藤正樹氏(右)と同社 プロジェクトマネジメント部 FZ-T1プロジェクトマネージャーの土田淳氏(左)

「TOUGHBOOK FZ-T1」 「TOUGHBOOK FZ-T1」(出典:パナソニック モバイルコミュニケーションズ)

 同社 代表取締役社長の武藤正樹氏が「FZ-T1によって、新たなニーズに対応する」と述べる通り、FZ-T1は従来製品の「FZ-X1」「FZ-N1」が提供する過酷な屋外環境での利用を前提とした堅牢(けんろう)性や高機能、高性能が不要で、屋内で利用できるスマートなデザインの端末がほしいといった声に応えるもので、屋外ではなく「屋内」の現場利用をターゲットに据えた製品となる。

 もちろん、TOUGHBOOKシリーズのウリである頑丈設計のDNAは継承されており、スマートフォンの利便性と業務利用に耐え得る堅牢性を両立。物流、製造、小売現場での業務利用を想定し、バーコードリーダーを搭載する。

⇒ 関連記事:パナソニック佐賀工場は2つの顔を持つ、全長100mの生産フロアで見たスマート工場の可能性

屋内業務に適した機能や性能を備える「TOUGHBOOK FZ-T1」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading