ニュース
» 2018年05月28日 07時00分 公開

ソニー SPRESENSE:GNSS受信機やハイレゾコーデックを搭載した、ソニーのIoT機器向けボード

ソニーがIoT機器向けマイコンボード「SPRESENSE」(スプレッセンス)と対応拡張ボードを2018年7月より販売開始する。GPS(GNSS)受信機やハイレゾ対応オーディオコーデックなどを内蔵しており、ドローンやスマートスピーカーといったIoTデバイスの開発に利用できる。

[渡邊宏,TechFactory]

 ソニーは2018年5月14日、IoT機器向けマイコンボード「SPRESENSE」(スプレッセンス)と対応拡張ボードを同年7月31日より販売開始すると発表した。GPS(GNSS)受信機やハイレゾ対応オーディオコーデックなどを内蔵しており、ドローンやスマートスピーカーといったIoTデバイスの開発に利用できる。

 販売されるのはメインボード「CXD5602PWBMAIN1」と拡張ボード「CXD5602PWBEXT1」。メインボードはCPUにCortex-M4Fを6個搭載するマルチCPU構成となっており、インタフェースとしてGPIO、SPI、I2C、UART、PWM、I2Sを用意する。拡張ボードはオーディオ入出力、デジタル入出力、アナログ端子、SDカードスロットなど各種のインタフェースが用意されている。

メインボード「CXD5602PWBMAIN1」と拡張ボード「CXD5602PWBEXT1」 メインボード「CXD5602PWBMAIN1」(左)と拡張ボード「CXD5602PWBEXT1」(右)

開発は「Arduino IDE」などに対応

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading