Special
» 2018年08月10日 09時50分 公開

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー:1台でスマート会議室を実現、画面共有も楽々のWeb会議専用デバイスとは?

働き方改革の後押しもあり需要が増すWeb会議だが、足を運ばずやりとりできる反面、準備の手間や音声品質の低さから生産性が落ちる場合もある。こうした問題を解決し、Web会議の効率化を実現する専用デバイスの魅力に迫る。

[ITmedia]

 働き方改革が普及する中、取引先へ足を運ばずやりとりができる「Web会議」の需要が高まっている。しかしWeb会議では、マイクやスピーカーの準備に手間取ったり、声が聞き取りにくかったりすると、生産性が低下してしまう。実際に対面で行う会議と同等なスムーズさを実現するには、適切なデバイス選びが重要になる。

 そんなWeb会議に最適なデバイスとして注目されているのが、Windows 10 IoT Enterprise搭載の「ThinkSmart Hub 500」だ。会議室用途に適した高音質スピーカーと全方位型マイクで“音”の品質を確保することに加え、直感的に操作できるSkype Room SystemのUIで準備の手間を削減。会議開始の遅れや、相手を待たせるストレスを防ぐ。

 中でも便利なのが、HDMI接続でビデオ会議の相手に画面を共有できる機能だ。PCを外部ディスプレイにつなぐ感覚で扱えるため、使い勝手が良く、Web会議の生産性向上にもつながる。本資料では、1台でスマート会議室を実現する、これらの機能の数々を紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:レノボ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2018年9月30日