特集
» 2018年05月14日 09時09分 公開

クボタ 枚方製造所:クボタの「喧噪音が飛び交う」組み立てラインに静寂を呼んだ、四角いブロック (3/3)

[渡邊宏,TechFactory]
前のページへ 1|2|3       

ビーコンを使った屋内位置測定で出荷前の滞留を防ぐ

 ねがブロの本導入開始は2018年1月であり、現在はミニバックホー製造ラインの組み立てにおける全工程(25工程、25個)へ配置されている。通知は1本の通知用リストバンドに集約して受けるようにしているが、通知用リストバンドは5本が納品済みであり、将来的には「ある工程からの通知はリストバンドAで受け、別工程からの通知はリストバンドBで受ける」といった柔軟性を持たせることも検討している。

 ねがブロ導入は組み立てラインにおける、“人を呼ぶ”仕組みの効率化において大きな成果を上げているが、ミニバックホーの製造においては、組み立てられた“機体の管理”についても新たな取り組みに着手している。ビーコンを用いた機体の状態(位置)把握だ。

画面上の赤い四角が組み立てられたミニバックホー 画面上の赤い四角が組み立てられたミニバックホー。どの後工程にどの機体が位置しているのが一目で分かる
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.