特集
» 2018年05月14日 09時09分 公開

シリーズ「モノづくりの現場から」(クボタ 枚方製造所):クボタの「喧噪音が飛び交う」組み立てラインに静寂を呼んだ、四角いブロック (2/3)

[渡邊宏,TechFactory]

現場主導の試験導入、激減した呼び出し回数

 枚方製作所では業務改善について、現場レベルでの意識も高い。全体としての工程管理や情報システムといった仕組みも存在するが、奥畑氏の従事する建設機械製造においては製造品目が多く、また、カスタマイズ需要もあるため、現場で対応していく方が合理的という側面もあるためだ。

クボタ 枚方製造所 建設機械製造部 製造2課 作業長の奥畑翔吾氏(左)と同じく製造2課 青木拓也氏(右) クボタ 枚方製造所 建設機械製造部 製造2課 作業長の奥畑翔吾氏(左)と同じく製造2課 青木拓也氏(右)

 ねがブロの試験導入についても動きは素早かった。奥畑氏が銀座シックスで見つけたのが2017年の10月、翌月にはデモ機を借り受け、発見から2カ月程度で試験導入を開始している。「こうした現場で活用できそうな新しいモノというのは、そう簡単に見つかるものではありません。いいものがあったよ!と聞いて、現場主導での試験導入を開始しました」(建設機械製造部 製造2課 青木拓也氏)

 導入に際して、ねがブロの呼び出し項目をまずは「ピッキング」「品質確認」「タップ(「ネジ穴径を直す工具を持ってきて欲しい」の意味)」「コール(エリア担当者)」の4つに設定した。設定はタブレットにインストールしたアプリから現場で即座に行えるため、設定変更のたびに業者を呼ぶ必要がないのも好都合だった。

ミニバックホーの製造ラインに導入されているねがブロ ミニバックホーの製造ラインに導入されているねがブロ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading