ニュース
» 2018年05月10日 07時00分 公開

FIELD system:ファナックが「FIELD system」を強化、接続された機器の制御も可能に

ファナックが製造業向けIoT基盤「FIELD system」の機能強化を実施した。APIやSDKの追加、アプリケーションの改良などにより、見える化や分析に加えて、接続された機器の制御などが可能となった。

[渡邊宏,TechFactory]

 ファナックが製造業向けIoT基盤「FIELD system」の機能強化を発表した。APIやSDKの追加、産業用PCでのAI実行を可能とするGPU対応、アプリケーション「iPMA(Production Monitoring & Analysis)」「iZDT(Zero Down Time)」の改良が含まれており、見える化や分析に加えて、接続された機器の制御などが可能となった。

photo 2018年4月に追加された新機能の概要(出展:ファナック)

 「FIELD system」はファナックとシスコシステムズ、ロックウェルオートメーション、Preferred Networksの4社が2016年4月に発表した製造業向けIoT基盤で、その後にNTT、NTTコミュニケーションズ、NTTデータの3社が加わり、2017年10月2日に日本国内でのサービスが開始されている。

 他のIoT基盤と最も大きく異なるのは「製造の自動化」に特化したことだ。機械が生み出す膨大なデータ量と高速なデータ生成速度に対応すべく、エッジとフォグで処理のほとんどを済ませる「エッジヘビー」の思想が取り入れられている(関連記事:ファナック、稲葉会長が語る「FIELD System」の全容とその狙い)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading