ニュース
» 2018年04月13日 18時00分 公開

特選ブックレットガイド:制御システムの安全神話は本当か? 実は拡大している侵入経路

ワイヤレス通信環境が侵入経路となるケースが増えており、盗聴や不正アクセスによる重要情報の窃取、通信妨害や機器の不正操作による機能不全など、深刻な事態に発展しかねないセキュリティリスクが顕在化しつつある。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は『制御システムの「安全神話」は既に崩壊している』をご紹介します!

特選ブックレットガイド

制御システムの安全神話は既に崩壊している

制御システムの安全神話は既に崩壊している

 「制御システムの安全神話は既に崩壊していると思われる」と指摘するPwCサイバーサービス 最高執行責任者の星澤裕二氏は、操作端末のタブレット化による汎用ワイヤレス通信の利用の増加について警鐘を鳴らす。

 この汎用ワイヤレス通信からの“侵入リスク”に関しては、まだ広く認識されておらず非常に危険な状態だという。同氏は「このような未対策経路を狙った攻撃は今後十分に起こり得るので、まずはその危険性に気付いてもらい、そして適切な対策をとる必要がある」と指摘する。


電子ブックレット[無料PDF]のダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryで掲載された特集記事「操作端末のタブレット化が新たな侵入経路に!? ワイヤレス通信に潜む危険性」を基に制作しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.