ニュース
» 2018年04月12日 07時00分 公開

ローム ISO 26262:ロームが「ISO 26262」開発プロセス認証を取得、ASIL-Dに対応

ロームが自動車向け機能安全規格「ISO 26262」の開発プロセス認証を取得した。これにより同社開発プロセスがASIL-Dまで対応可能と認められたことになる。

[渡邊宏,TechFactory]

 電子部品製造大手のロームが、自動車向け機能安全規格「ISO 26262」の開発プロセス認証を取得した。この取得により、同社の車載向けデバイス開発プロセスがISO 26262における最高安全水準であるASIL-Dまで対応可能と認められたことになる。

 ISO 26262は機能安全規格「IEC61508」から派生した、自動車向けの電気・電子システム(E/ES)に関する機能安全規格。2018年中に発行が予定されている第2版では対象として2輪車やバスが加わるだけではなく、半導体パートが追加されるため、車載半導体を手掛ける企業としてISO 26262の重要度は増しているといえる。

認証書授与の様子。認証はテュフ ラインランドから取得した 認証書授与の様子。認証はテュフ ラインランドから取得した

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading