ニュース
» 2018年04月10日 18時00分 公開

特選ブックレットガイド:ソフトウェア品質管理を「楽しく」する5つのポイント

ソフトウェアの品質管理はつらくて面倒だ。品質計測や品質制御は効果をすぐに実感できるが、品質管理の効果は後でしか得られない。「面倒だが後が楽になる」と分かってはいても面倒は面倒である。こんな品質管理を楽しくする方法はあるのだろうか。

[TechFactory]
特選ブックレットガイド

 品質管理がきっちりと行われると、品質に関係するデータは整然と並べられ、いつでも瞬時に取り出せる。品質分析で新しい分析をするときにもその効果は絶大だが、それより大事なことは、整然と管理するという文化が根付くことである。この文化の下、品質計測から品質制御、品質管理のサイクルが良い方向に回り出す。

 しかし、品質計測や品質制御とは異なり、品質管理の効果を体感できるのは、そのサイクルが回り始めた後だ。着手してすぐに効果が体感できないので、どうしてもおっくうになってしまう。ここではソフトウェア品質管理を「楽しく」行うために留意したい5つのポイントを紹介する。

※本資料はTechFactoryの記事『IoT時代の組み込み系ソフトウェア品質(8):間違いだらけの組み込み系品質管理、面倒な品質管理を楽しむコツ』を再編集したものです。

ダウンロードはこちら

特選ブックレットガイド

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.