ニュース
» 2018年03月27日 15時00分 公開

Exiida遠隔監視サービス:日立アプライアンス、IoT技術を活用して冷凍機の故障予知を実現するサービス

日立アプライアンスは、業務用空調や冷熱機器から得られる温度や電流値などの運転データに加え、IoT技術によって取得した環境情報や他機器などのさまざまなデータを蓄積・解析・活用するサービス「Exiida」シリーズを展開する。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 日立アプライアンスは、業務用空調や冷熱機器から得られる温度や電流値などの運転データに加え、IoT(モノのインターネット)技術によって取得した環境情報や他機器などのさまざまなデータを蓄積・解析・活用するサービス「Exiida(エクシーダ)」シリーズを展開すると発表した。


 第1弾のサービスとして、冷凍機とチラーユニットを対象に、「遠隔監視システム」にオプションとして故障の予兆を捉える機能を追加した「Exiida遠隔監視サービス」を同年4月2日から提供開始する。

「Exiida」遠隔監視サービス(予兆診断機能あり)の構成イメージ 出典:日立アプライアンス 「Exiida」遠隔監視サービス(予兆診断機能あり)の構成イメージ 出典:日立アプライアンス

 同社が現在展開している遠隔監視システムでは、機器の運転データを監視し、故障を察知した場合に顧客や設備管理元に通知するサービスを提供している。Exiida遠隔監視サービスは、正常運転時のデータをあらかじめ学習。局所部分空間法によってデータ解析し、対象機器から送信されるデータと比較することで、故障につながる変化を検出する。未然に保全対応することで、故障を防止できるようになる。

 今後については、NTTデータと協力し、冷凍機やチラーユニットの運転音解析によるスクリュー圧縮機の軸受けの摩耗検知を同サービスのオプションとして追加することを検討している。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.