ニュース
» 2018年03月22日 15時00分 公開

ロックウェル・オートメーション:内部バイパスを搭載した「SMC-50スマートモーターコントローラー」を発表

米ロックウェル・オートメーションは、ソフトスタータのファミリーとなる「SMC-50スマートモーターコントローラー」を発表した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 米ロックウェル・オートメーションは2018年2月12日、ソフトスタータのファミリーとなる「SMC-50スマートモーターコントローラー」を発表した。内部バイパスを備えており、より正確にモーターの始動や停止を制御する。


 同コントローラーは内部バイパスを搭載し、長期間にわたる動作時にはソリッドステートスイッチからバイパスコンタクタに移行できる。このバイパス回路への切り替えにより、過剰な発熱を最小限に抑えてエネルギーを節約する。

「SMC-50スマート・モーター・コントローラー」 出典:ロックウェル・オートメーション 「SMC-50スマート・モーター・コントローラー」 出典:ロックウェル・オートメーション

 また、EtherNet/IP、DeviceNetネットワークを含む通信モジュールへアクセスできるなど接続性に優れる。同コントローラーをマイクロプロセッサプラットフォームと組み合わせることで、エネルギーモニター機能と保護機能が構築でき、アプリケーションのトラブルシューティングや修正が容易になる。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.