ニュース
» 2018年03月13日 15時00分 公開

Studioシステム/Productionシステム:MSYSが米Desktop Metalと代理店契約を締結、金属3Dプリンタの国内販売を開始

丸紅情報システムズ(MSYS)は米Desktop Metalと代理店契約を締結し、Desktop Metal製金属3Dプリンタ「Studioシステム」の国内販売を開始した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 丸紅情報システムズ(MSYS)は2018年2月15日、米Desktop Metalと代理店契約を締結し、Desktop Metal製金属3Dプリンタ「Studioシステム」の国内販売を開始した。金属粉末冶金技術とプラスチック射出成形技術を融合させた金属部品製造技術「MIM(Metal Injection Molding)」のプロセスを応用し、金属材料で造形する3Dプリンタとなる。同製品と2019年に発売予定の「Productionシステム」により、MSYSは今後3年間で10億円の売り上げを目指す。


 Studioシステムは3つの機器で構成される。1つ目は、金属粉末と熱可塑性のバインダー(結合樹脂剤)を混合した材料を積層して造形する熱溶解積層方式の「Studio 3Dプリンタ」。2つ目は、バインダーを脱脂する「デバインダーステーション」。そして、高温での加熱により金属粉末を溶融結合させて焼結体を作る「ファーナス(焼結炉)」だ。

出典:丸紅情報システムズ 出典:丸紅情報システムズ

 材料は金属粉末に樹脂を練りこんだ棒形状で供給されるので、金属粉末が飛散して粉じん爆発を引き起こす危険性がない。また、レーザーやビームで金属紛体を焼結溶融するタイプの金属3Dプリンタのように、窒素封入や静電気対策も必要としない。

 金属同士の結合は、サポート部分とモデル部分の接地面に融点の高いセラミック粉末を押し出すことで防止する。サポート部分は手や工具で簡単に除去できるため、ワイヤ放電加工機や切削機などで除去する後加工は不要だ。

 同システムは、航空宇宙業界や自動車部品メーカー、研究機関などでの鋳造品の置き換えやサービスビューロー向けの試作、小ロット生産に適している。他の金属3Dプリンタと比較して安価で、設置環境の整備にも高額な費用を必要としないので、製造業への普及が期待できる。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.