ニュース
» 2018年03月12日 12時00分 公開

Infineon OPTIGA Trust X:ハードウェアベースのIoT向けセキュリティソリューション

インフィニオンは、ハードウェアベースのIoT向けセキュリティソリューション「OPTIGA Trust X」を発表した。スマートホームからドローンに至るまで、多彩なIoTの用途向けに高いセキュリティを提供する。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 インフィニオン(Infineon Technologies)は2018年2月8日(現地時間)、ハードウェアベースのIoT(モノのインターネット)向けセキュリティソリューション「OPTIGA Trust X」を発表した。「OPTIGA Trust」ファミリーの新製品で、スマートホームからドローンまで多彩なIoTの用途向けに高いセキュリティを提供する。

「OPTIGA Trust X」 出典:インフィニオン 「OPTIGA Trust X」 出典:インフィニオン

 同ソリューションは、ICチップおよびOS、アプリケーション、ソフトウェア、デバイスドライバ、評価キットで構成される。−25℃〜+85℃の温度で動作し、−40℃〜+105℃まで拡張可能だ。

 相互認証やセキュアな通信をはじめ、データストレージの保護、鍵割り当て、ライフサイクル管理、パワーマネジメント、セキュアなソフトウェア更新、プラットフォームの完全保護などの機能を提供。プラグアンドプレイ方式によって、セキュリティに関する専門知識を有さない企業でも使用できる。

 同ソリューションは、インテリジェント化された街路樹や、緊急時に駆け付ける救急隊支援用のドローンのセキュリティ対策に既に活用されている。ドイツのeluminocityが開発したインテリジェント街路灯は、街路照明、電気自動車の充電ステーション、大気測定センサーなどの機能を併せ持ち、中国の香港サイエンスパークで使用されている。

 また、ドイツのUnternehmerTUMはインフィニオンらと共同で、OPTIGA Trust Xを搭載したドローンを開発。救急隊員に事故現場到着前に信頼できる情報を提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading