ニュース
» 2018年03月09日 08時00分 公開

矢野経済研究所:サブスクリプションへの移行は「時期尚早」、国内CAD/CAM/CAEシステム市場

矢野経済研究所は「国内CAD/CAM/CAEシステム市場」に関する調査結果を発表した。2016年度、2017年度の推移と予測。そして、外資系ベンダーを中心に切り替えが進んだサブスクリプションモデルなどについて言及している。

[八木沢篤,TechFactory]

 矢野経済研究所は2018年2月26日、「国内CAD/CAM/CAEシステム市場」に関する調査結果の概要を発表した。


 2016年度の国内CAD/CAM/CAEシステム市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、緩やかな景気回復や「ものづくり等補助金」などの影響もあり、中小製造業を中心に設備投資が回復、前年度比6.3%増の3513億円となった。

 2017年度については、引き続き雇用や所得環境が改善し、設備投資や生産増などを背景に前年度比3〜4%増となる見通しで、2017年度の国内CAD/CAM/CAEシステム市場規模は、3637億円(前年度比3.5%増)になると予測する。

クラウド活用、国内製造業は保守的

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.