ニュース
» 2018年03月07日 12時00分 公開

NEC 住友電工:NECと住友電工がコネクテッドカーで協業、車載ソフトウェアの開発も加速

住友電気工業とNECは、自動車部品の企画、開発を始めとするモビリティ事業で協業を開始した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 住友電気工業とNECは2018年2月9日、自動車部品の企画、開発を始めとするモビリティ事業で協業を開始したと発表した。自動車をネットワークにつなげるコネクテッド分野でAI(人工知能)技術やIoT(モノのインターネット)技術を活用し、高度なセキュリティを持った製品を共同開発していく。

 具体的には、住友電工が持つ自動車部品やITS(高度道路交通システム)分野、交通管制システムの知見と、NECが持つセキュリティやAI技術、クラウドのノウハウを両社で活用し、付加価値の高い製品を開発する。また、複雑化と大規模化が進む車載ソフトウェアの開発でも協力し、NECはAIやIoTに関する開発リソースを柔軟に提供する。住友電工はソフトウェア開発のスピード向上や、変化が激しい自動車業界での事業機会の最大化を図る。


 NECは、既存事業の落ち込みを踏まえて2018年度を最終年度とする中期経営計画を見直し、2020年度を最終年度とする新たな中期経営計画を2018年1月に発表した。2020年度に売上高3兆円、営業利益1500億円を目標とする。国内事業は、コネクテッドカーやスマートサプライチェーン、公共安全といった分野で成長を追求するため、AI技術や生体認証、セキュリティ、ネットワークサービスなどの強みを生かしていく方針だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.