連載
» 2018年03月05日 09時00分 公開

設計者CAEは普通の解析と何が違う?(番外編):CAE視点で振り返る「SOLIDWORKS WORLD 2018」 (1/2)

今回は、連載「設計者CAEは普通の解析と何が違う?」の【番外編】として、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催された「SOLIDWORKS WORLD 2018」のレポートをお届け! 筆者が見聞きしてきた“新しい設計アプローチ”の可能性について、設計者CAEを推進する立場から詳しく紹介します。

[土橋美博/飯沼ゲージ製作所,TechFactory]

 現地時間2018年2月4〜7日、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催されたSOLIDWORKSユーザーの祭典「SOLIDWORKS WORLD 2018」(以下、SWW2018)に参加してきました。筆者は、これで6回目の参加となります。

SOLIDWORKS WORLD 2018

 今回お届けする連載「設計者CAEは普通の解析と何が違う?」【番外編】として、SWW2018で筆者が見聞きしてきた“新しい設計アプローチ”について紹介します。これらはCAE(解析)との関係も深く、設計者CAEを推進する皆さんにとっても、知っておくべきトピックスだと思います。


トポロジー最適化

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading