ニュース
» 2018年03月05日 07時00分 公開

検品工程におけるAI導入:ABEJAと武蔵精密工業が深層学習による検品自動化で協業、2018年度から試験運用

ABEJAは武蔵精密工業と協業し、ディープラーニング技術を活用した検品自動化の実証実験を実施。2018年度から武蔵精密工業の工場内で試験的な運用を開始する。

[八木沢篤,TechFactory]

 ABEJA(アベジャ)は2018年2月19日、武蔵精密工業と協業し、ディープラーニング技術を活用した検品自動化の実証実験を実施、2018年度から武蔵精密工業の工場内で試験的な運用を開始すると発表した。

 輸送用機械器具の製造、販売を手掛ける武蔵精密工業では、生産性向上の取り組みの一環として、工場の自動化に早くから着手してきた。しかし、熟練作業者の経験やノウハウに大きく依存する検品工程は自動化が困難で、課題が残っていたという。そこで、ビッグデータを基に良否判定が行えるディープラーニング技術に着目。2017年から社内プロジェクトとして、検品工程におけるAI導入を模索してきた。


約4カ月の実証実験で、作業者の検品と同等精度の学習済みモデルを構築

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading