ニュース
» 2018年03月03日 09時00分 公開

TechFactory通信 編集後記:「ポルシェ959」など旧車の希少パーツを3Dプリンタで

メーカーとユーザーの思いをつなぐ取り組み。

[八木沢篤,TechFactory]

 いまさら言うまでもありませんが、ここ数年、多品種少量生産やマスカスタマイゼーションに対するニーズの増加を受け、単なる試作の枠を超えた、3Dプリンタによるモノづくりに注目が集まっています。

 2018年2月14〜16日の3日間、東京ビッグサイトで開催された「3D Printing 2018」では、多くの企業や団体がブースを構え、来場者に自社製品やサービス、ソリューションの提案を行っていました。その中心は個人向けではなく、産業分野向けであり、“3Dプリンタブーム”に左右されず着実に進化してきた技術の数々を見聞きすることができました。


TechFactory通信 編集後記

この記事は、2018年2月26日発行の「モノづくり総合版 TechFactory通信」に掲載されたTechFactory担当者による編集後記の転載です。

⇒メール購読についてはコチラから


「ポルシェ959」など旧車の希少パーツを3Dプリンタで

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading