ニュース
» 2018年03月02日 15時00分 公開

保持器の形状を最適化:ジェイテクト、工作機械主軸用「グリス潤滑低昇温アンギュラ玉軸受」量産開始

ジェイテクトは、保持器の形状を最適化することで回転時の温度上昇を抑えた、工作機械主軸用「グリス潤滑低昇温アンギュラ玉軸受」の量産を開始した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 ジェイテクトは2018年1月31日、保持器の形状を最適化することで回転時の温度上昇を抑えた、工作機械主軸用「グリス潤滑低昇温アンギュラ玉軸受」の量産を開始した。年間2億円を売上目標としている。


 グリス潤滑低昇温アンギュラ玉軸受は、同社の工作機械主軸用軸受「ハイアビリー」シリーズの性能向上を目的として開発したものだ。主寸法が従来の軸受と同じなので、そのまま置き換えられる。

出典:ジェイテクト 出典:ジェイテクト

 保持器ポケット形状や内輪と保持器の隙間を最適化することで、グリスの流動性が向上し、撹拌(かくはん)抵抗も低減した。結果、低昇温化15%となり、グリスをなじませるための試運転(なじみ運転)時間が短縮。主軸組み立て時の生産効率やワーク(工作物)の加工精度を向上し、軸受の交換周期延長に貢献する。

 工作機械主軸の温度が上昇すると、主軸の熱膨張によりワークの加工精度が悪化する場合があることから、主軸用の軸受には低昇温化が求められている。また、軸受の潤滑方法はグリス潤滑が広く用いられているが、主軸を組み立てる際の、グリスのなじみ運転時間をいかに短縮するかが課題となっていた。

出典:ジェイテクト 出典:ジェイテクト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading