特集
» 2018年02月28日 09時00分 公開

シュナイダーエレクトリック:IoT基盤が製造業に提供する効率化、工場ならば最大30%

シュナイダーエレクトリックが同社IoT基盤、「EcoStruxure」を工場やプラントに積極展開する。「最大30%の効率化」をうたい、HMIやPLCといった製品ビジネスだけではなくソリューションビジネスも強化する考えだ。

[渡邊宏,TechFactory]
photo シュナイダーエレクトリック 日本統括代表の白幡晶彦氏

 UPS(無停電電源装置)などデータセンター向け製品のイメージが強いシュナイダーエレクトリック(Schneider Electric)だが、近年ではHMIのデジタルやSCADAのInvensysなどを事業買収でグループ化するほか、「第2回 スマート工場EXPO」では「古い設備のIoT化をどのように実現するか?」と題した講演を行うなど、生産設備領域の存在感を高めている。

 2018年1月に日本統括代表に就任した白幡晶彦氏は「デジタル技術の進歩で、さらなる効率化を提供する」と、同社のIoT基盤「EcoStruxure」を工場やプラントに向けて積極的に展開していく意向を示した。


工場はデジタル化で最大30%の効率化が見込める

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading