ニュース
» 2018年02月27日 09時00分 公開

SOLIDWORKS WORLD 2018:ポルシェやVANSのノウハウが詰まった「URB-E」がラストワンマイルを埋める

米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催された「SOLIDWORKS WORLD 2018」のプロダクトショーケースにて、自転車のような手軽さと電動スクーターのような移動体験、そして所有する喜びを併せ持った、折り畳み式の電動二輪車「URB-E(アービー)」が展示されていた。

[八木沢篤,TechFactory]

 将来、世界人口の約70%が都市部に集中するという予測がある。こうした動きに伴い、都市部内における移動手段にも変化が生まれようとしている。その1つが国内でも広がりつつある自転車のシェアリング事業(シェアサイクル)である。

 自宅から最寄り駅まで、あるいは会社から近くの取引先までなど、都市部におけるわずかな距離の移動を考えると自動車は適さない。なぜなら、駐車場を探し回る必要があり、渋滞に巻き込まれる可能性もあるからだ。都市部でのラストワンマイルの移動を考えるならば、自転車のような手軽な移動手段が求められる。

 2018年2月4〜7日(現地時間)、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催された「SOLIDWORKS WORLD 2018」のプロダクトショーケースにて、自転車のような手軽さと電動スクーターのような移動体験、そして所有する喜びを併せ持った、折り畳み式の電動二輪車「URB-E(アービー)」が展示されていた。このURB-Eを開発および販売するのは、ベンチャー企業のURBAN626である。

ベンチャー企業のURBAN626が手掛ける折り畳み式の電動二輪車「URB-E(アービー)」 ベンチャー企業のURBAN626が手掛ける折り畳み式の電動二輪車「URB-E(アービー)」

プロダクトではなくソリューションとして設計された「URB-E」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.