Special
» 2018年02月26日 10時00分 公開

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー:ゲームクリエーター小島秀夫が認めた、最先端の映像表現を支えるマシンとは?

ゲーム界のトップクリエーター、小島秀夫氏の表現する魅力的なゲーム世界は、どのように制作されているのか。同氏へのインタビューを通じて、その創作の哲学から、最先端のクリエイティビティを支える制作環境までを明らかにする。

[ITmedia]

 ゲームクリエーターとして数々のミリオンセラーを記録してきた小島秀夫氏。同氏が2015年に設立したゲーム開発スタジオ、コジマプロダクションではプレイステーション4用ゲームの最新作「DEATH STRANDING」の制作が進んでいる。その内容の一部が、2017年末に公開されると、全世界で大きな話題となった。

 そんな同氏が目指す「誰も体験したことがないようなクリエイティビティの世界」には、多様な最先端技術が利用されている。例えばゲームCG制作だ。現在の制作現場では、よりリアルな映像を実現するため、実写の写真から3Dデータを生成するフォトグラメトリーと呼ばれる技術が主流となりつつある。この技術なら、全方向から撮影した人物や背景などの膨大な画像を合成・処理することで、リアルな3Dモデルを作成できる。

 だが、最終的に数億ポリゴンにも達するといわれる膨大なデータは、並のマシンでは処理しきれない。そこで同社が選んだのが、数億ポリゴンのデータもストレスなく処理できる高性能ワークステーションだった。同氏へのインタビューを通じて、その創作の哲学や、最先端のクリエイティビティを生み出す制作環境を探る。

ご購入前のご相談・お見積りのご依頼はこちら

レノボ・ジャパン株式会社

URL:https://www.lenovojp.com/business/

TEL:0120-68-6200(平日9時〜17時30分)

メールアドレス:hojin_jp@lenovo.com

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:レノボ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2018年4月20日