ニュース
» 2018年02月06日 07時00分 公開

XVL Kinematics Suite/XVL Vmech Simulator:新規設備と既存設備との干渉をデジタル環境で検証、PLCの制御ソフトを活用

ラティス・テクノロジーは、製造設備の機構を検証するパッケージ「XVL Kinematics Suite」と、設備の3Dモデルを活用して制御ソフトを仮想検証する「XVL Vmech Simulator」の最新版の提供開始を発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 工場において、既存の製造設備の一部を新しい設備に置き換えようとする際、理想的にはデジタルデータを活用した事前検証が行われるべきだが、既存設備が古く、デジタルデータが存在しない場合もあり、事前の導入シミュレーションが実施できないことがある。このような場合、現地に新しい設備を設置して初めて干渉などの問題点が浮き彫りとなるケースもあり、迅速な製造ラインの立ち上げに影響を与えてしまうことがある。

 こうした課題を踏まえ、ラティス・テクノロジーは、見えないものを見える化するという“3Dデジタルツイン”コンセプトを提唱し、現地で起こり得る問題を事前にデジタル検証できるパッケージ製品を提案。製造設備の機構を検証するパッケージ「XVL Kinematics Suite」と、設備の3Dモデルを活用して制御ソフトを仮想検証する「XVL Vmech Simulator」である。

新設備の3DモデルをPLC上の制御ソフトで動作させ、既存設備との干渉を検出

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.