ニュース
» 2018年02月03日 09時00分 公開

TechFactory通信 編集後記:足元から感じる製造プロセスの「変革」

スニーカーのミッドソールを3Dプリント技術で大量生産。

[八木沢篤,TechFactory]
TechFactory通信 編集後記

この記事は、2018年1月29日発行の「モノづくり総合版 TechFactory通信」に掲載されたTechFactory担当者による編集後記の転載です。

⇒メール購読についてはコチラから


 先日、IT専門調査会社のIDC Japanが「国内3Dプリンティング市場ユーザー動向調査分析結果」を発表しました。

 詳細は後日記事でお届けする予定ですが、この発表の中で印象的だったのが、最終製品や部品(パーツ)の製造で3Dプリンタを活用している割合が“まだ少ない”という結果です。将来3Dプリンタが製造プロセスを変革する可能性があるか? という質問に対し、50%の人が「変革する」と回答しているのですが、現状はそこまで踏み込んで3Dプリンタを利用しているケースは少ないようです。

 この結果を見て、3DプリンタベンダーやCADベンダーの取材を多くしてきた身としては、メーカー側の期待ほどDDM(Direct Digital Manufacturing:3Dプリンタで製品やパーツを直接製造するアプローチ)は浸透していないのかな? 結局、試作の域を脱することはできないのかな? とちょっぴり寂しい気持ちになりました。

 しかし、1つのニュースがそんな気持ちを吹き飛ばしてくれました。

足元から感じる製造プロセスの「変革」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading