ニュース
» 2018年02月02日 18時00分 公開

特選ブックレットガイド:「従量制クラウドCAE」の実力とは? 精密機械/機器メーカーが徹底検証

芝浦メカトロニクスとジャパンディスプレイが、電通国際情報サービス(ISID)主催「ISID CAEフォーラム “Think CAE,2017”」のセミナーに登壇。「ここまで進んだクラウドCAE活用の実態」をテーマに、従量制クラウドCAEプラットフォーム「PLEXUS CAE」の導入検討事例を紹介した。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は『芝浦メカトロニクスとジャパンディスプレイが「従量制クラウドCAE」を徹底検証』をご紹介します!

特選ブックレットガイド

速度と費用の関係は? 利便性と安全性の確保は?

photo

 芝浦メカトロニクスは、半導体製造工程で使用するスピン洗浄装置の流体解析をクラウド上で行い、計算速度や費用について検証。その結果について披露した。

 一方、ジャパンディスプレイ(JDI)は、フラットパネルディスプレイ開発における高速構造解析において、クラウドCAEの導入を検討。利便性やセキュリティ面を工夫しながら、クラウドCAE導入の取り組みを詳しく紹介した。……(詳しくは、以下の電子ブックレット[無料PDF]にて)。


電子ブックレット[無料PDF]のダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryで掲載された記事「速度と費用の関係は? 利便性と安全性の確保は? 『クラウドCAE』を徹底検証」を基に制作しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.