ニュース
» 2018年01月27日 09時00分 公開

TechFactory通信 編集後記:「クルマのサービス化」と「タクシー」は何が違うの?

自動運転に電動化、環境対応と自動車に関する話題は尽きませんが、2018年には「MaaS」(モビリティのサービス化)の話題を耳にする機会が増えそうです。ただ、クルマでの「サービス提供」はタクシーやバス、移動販売車などと何が違うのでしょうか。

[渡邊宏,TechFactory]

 2018年になってまだ1カ月にも足りませんが、北米のCES 2018にデトロイトモーターショー、そして東京のオートモーティブワールドと自動車関連のイベントが相次いでいます。自動運転に電動化、環境対応と話題は尽きませんが、2018年には「モビリティのサービス化」(MaaS:Mobility-as-a-Service)に関する話題もその輪に加わりそうです。

 従来的な発想でいえば「自動車といえば所有して乗るもの」で、所有せずに乗る車はタクシーやバスといった商用車でした。ですが、UberやLyftといったシェアリングサービスの台頭、自動運転技術の進歩は、「自動車を所有せず、必要な時にサービスとして利用する」時代を招き寄せつつあります。

TechFactory通信 編集後記

この記事は、2018年1月22日発行の「モノづくり総合版 TechFactory通信」に掲載されたTechFactory担当者による編集後記の転載です。

⇒メール購読についてはコチラから

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading