特集:IoT時代のセキュリティリスクに備える
特集
» 2018年01月26日 09時00分 公開

第2回 スマート工場EXPO|トレンドマイクロ:IoT化で高まる既設工場の操業停止リスクを早期異常検知と脅威の見える化で軽減 (1/2)

トレンドマイクロは「第2回 スマート工場EXPO」において、萩原電気、アラクサラネットワークスらと共同開発した工場内脅威可視化ソリューション「In-Line Security Monitor」を参考出品。既設工場における早期異常検知と脅威の見える化を実現することで初動対応を早め、被害を最小限に抑えることができるという。

[八木沢篤,TechFactory]

工場内ネットワークのセキュリティ対策、その難しさとは?

 IoT(Internet of Things)を活用したスマート工場、つながる工場の実現に向けた取り組みが進む中、レガシー環境が使われ続け、脆弱(ぜいじゃく)性対策が遅れている既設工場は、未然防止策をあらかじめ適用できる新設の工場よりもセキュリティ上の脅威にさらされるリスクが高い。

 既設工場では、何よりも生産設備の安定稼働が重要であるため、セキュリティソリューションを後から導入することが敬遠され、基本的に未然防止策を適用することが難しい。そのため、いかに早期に異常を検知し、迅速な対処(復旧)が行える体制を構築できるかが重要となる。

 これまでトレンドマイクロでは、このようなアプローチを前提とした既設工場向けのセキュリティソリューション群を提案してきた。しかし、実際に既設工場への導入支援などを行っていくうちに、大きく2つの課題に直面したという。

トレンドマイクロは「第2回 スマート工場EXPO」(会期:2018年1月17〜19日)に出展し、2つの課題を解決するためにパートナー企業と共同開発を行った工場内脅威可視化ソリューションを参考出品した トレンドマイクロは「第2回 スマート工場EXPO」(会期:2018年1月17〜19日)に出展し、2つの課題を解決するためにパートナー企業と共同開発を行った工場内脅威可視化ソリューションを参考出品した

既設工場へのソリューション導入で直面した2つの課題

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading