ニュース
» 2018年01月26日 07時00分 公開

リンクス/ESPROS epc611:受光感度が従来比30%向上したToF方式の新世代センサー、幅広い用途で活用可能

リンクスは、スイスのESPROSが開発した8×8ピクセルToF(Time of Flight)方式の新世代センサー「epc611」の販売を開始。ジェスチャー認識の他、ロボットやドローン、自動運転車、機械の安全性確保など、さまざまな分野や用途で活用できるという。

[八木沢篤,TechFactory]

 リンクスは、スイスのESPROSが開発した8×8ピクセルToF(Time of Flight)方式の新世代センサー「epc611」の販売を開始した。

 2.6×2.6mmの極小サイズのベアチップであるepc611を組み込み製品に搭載することで、ジェスチャー認識の他、ロボットやドローン、自動運転車、自動ドア、機械の安全性確保など、さまざまな分野や用途で活用できるとする。

8×8ピクセルToF方式の新世代センサー「epc611」 8×8ピクセルToF方式の新世代センサー「epc611」(出典:リンクス)

受光感度が約30%向上、秒間8000回測距の高フレームレートを実現

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.