ニュース
» 2018年01月25日 12時00分 公開

セルラーV2X:セルラーV2Xで国内初の実証実験、日産やコンチネンタルなど6社が実施

コンチネンタル、エリクソン、日産自動車、NTTドコモ、OKI、クアルコムの6社が、携帯電話通信技術を基に車車間などの直接通信を行う「セルラーV2X」の実証実験を2018年内に始める。国内におけるセルラーV2Xの実証実験はこれが初めて。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパン、エリクソン、日産自動車、NTTドコモ、OKI、Qualcomm Technologies(クアルコム)は2018年1月12日、携帯電話通信技術を基に車車間(V2V:Vehicle to Vehicle)や車両−交通インフラ間(V2I:Vehicle to Infrastructure)、車両−歩行者間(V2P:Vehicle to Pedestrian)などの直接通信を行うセルラーV2Xの実証実験を2018年内に始めると発表した。国内におけるセルラーV2Xの実証実験はこれが初となる。

 実証実験の場所は未定であるものの、公道ではなくテストコースで行う予定。2018年中旬ごろの開始を目指している。

セルラーV2Xでは、V2V、V2I、V2P、V2Nが対象となっている(クリックで拡大)出典:ノキア セルラーV2Xでは、V2V、V2I、V2P、V2Nが対象となっている(クリックで拡大)出典:ノキア

セルラーV2Xとは

 セルラーV2Xは、国際標準化団体の3GPPが2017年3月に発表したRelease 14で規定されている、車両とあらゆるものをつなぐ高信頼かつ低遅延の直接通信技術だ。ADAS(高度運転支援システム)や自動運転システムには、ミリ波レーダーやレーザースキャナー(LIDAR)、カメラシステムなどのセンサーが搭載されているが、検知範囲は車両周辺に限られる。センサーの検知範囲よりも長距離の通信が可能なセルラーV2Xを使えば、他の車両や交通インフラ、歩行者の存在をあらかじめ認識しておくことが可能になる。

 今回の実証実験では、5GHzの周波数帯域を用いたセルラーV2Xの直接通信技術の通信距離、信頼性、低遅延特性を評価するとともに、一般的な携帯電話通信技術であるLTE-Advanced(LTE-A)ネットワークと通信を相互補完する効果を確認する。セルラーV2Xでは、車両−通信ネットワーク間(V2N:Vehicle to Network)の活用も検討されており、LTE-Aネットワークとの相互補完の確認はV2Nに向けてのものだ。

 参加各社の役割分担は以下の通り。コンチネンタルは、クアルコムのセルラーV2Xチップセットを搭載した「Qualcomm C-V2X Reference Design」を用いて、実証実験用のコネクテッドカーシステムを日産自動車の車両に構築する。日産自動車は、セルラーV2X技術を評価するための指標を含むテストシナリオの構築とV2Xのユースケースの選定を行う。OKIは、これまでのITS(高度道路交通システム)関連インフラ導入実績を踏まえ、V2Iによる各種アプリケーションの適用可能性を検証する。使用するRSU(Road Side Unit:路側機)は、Qualcomm C-V2X Reference Designを用いて構成する。エリクソンは、直接通信技術とLTE-Aのネットワーク技術を融合したV2Nユースケースを検討する。NTTドコモは、LTE-AネットワークとV2Nアプリケーションを提供し、通信を用いたさまざまな車両安全のユースケースの実現に向けた、直接通信とネットワークとの間で、通信を相互補完する関係を実証していく。

 なお、実証実験で得られた知見を用いて、エコシステムの構築や関連する企業/団体への働きかけを行うとともに、3GPPにおける標準化活動を通じて5Gをはじめとするセルラー通信技術を用いた新たなグローバルスタンダードの構築にも貢献するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.