ニュース
» 2018年01月24日 07時00分 公開

Automotive Grade Linux:トヨタが車載Linux「AGL」を車載情報機器に全面採用

トヨタが新型カムリで先行していた、車載情報機器へのLinux「Automotive Grade Linux」(AGL)の全面導入を決めた。

[渡邊宏,TechFactory]
photo 車載情報機器にAGLを採用している新型カムリ

 The Linux Foundationは2018年1月10日(米国時間)、トヨタ自動車がAutomotive Grade Linux(AGL)を車載情報機器に全面採用すると発表した。

 AGLは2017年7月にフルモデルチェンジした新型カムリに採用されているが、この流れが更に加速することになる。The Linux FoundationのAGL担当ディレクター、Dan Cauchy氏は「トヨタがAGLベースのインフォテインメントシステムを全面導入したことで、他メーカーもこれに続くだろう」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.