ニュース
» 2018年01月16日 07時00分 公開

ISID/トヨタ自動車:アジア3拠点と日本を結び、トヨタ新型レクサスLSの技術講習をVR空間で実施

電通国際情報サービス(ISID)は、トヨタ自動車向けに開発した「遠隔地3D車両情報共有システム」を用いて、アジア3拠点と日本を結ぶVR(仮想現実)集合教育の実証実験に成功したことを発表した。

[八木沢篤,TechFactory]
VR空間上に表示されるレクサスLSの外観 VR空間上に表示されるレクサスLSの外観(出典:ISID)

 電通国際情報サービス(ISID)は2017年12月27日、トヨタ自動車向けに開発した「遠隔地3D車両情報共有システム」を用いて、アジア3拠点と日本を結ぶVR(Virtual Reality:仮想現実)集合教育の実証実験に成功したことを発表した。

 具体的には、タイのToyota Motor Thailand、フィリピンのToyota Motor Philippines、インドネシアのToyota-Astra Motorの3拠点と、多治見サービスセンター(岐阜県多治見市)をネットワークで結び、同年10月19日に発売された新型レクサス「LS」の技術講習会を実施。多治見サービスセンターの講師と、アジア3拠点のエンジニア合わせて約50人が参加し、実車による集合教育を十分に補完し、教育の充実が可能であることを確認できたという。

「狙い通りの効果を実感、本格展開に向け『確信』」とトヨタ自動車

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading