ニュース
» 2018年01月12日 15時00分 公開

企業戦略:SAPとMSがパートナーシップを拡大、顧客企業のDXやクラウド化を加速

ドイツのSAPは、米マイクロソフトとのパートナーシップを拡大することを発表した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 ドイツのSAPは2017年12月、米マイクロソフトとのパートナーシップを拡大することを発表した。両社のクラウドサービスを互いに導入・利用することで、顧客企業のデジタル変革やクラウド化を推進していく。


 例えば、SAPのプライベートマネージドクラウドサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」を「Microsoft Azure」上で稼働することで、顧客企業はマネージドクラウドというセキュアな環境下でSAPのERPソリューション「SAP S/4HANA」を利用できるようになる。

 また両社は共に、「SAP S/4HANA on Azure」を社内業務向けに適用する。マイクロソフトでは、Azureで実行される「SAP S/4HANA Finance」ソリューションを導入予定だ。さらに、財務レポートの効率化などを図るため、SAP S/4HANAをAzure AIおよび分析サービスと接続する。SAPでは、効率性や柔軟性、革新性の向上を目的として、子会社分も含めて10以上の重要なシステムをAzureへ移行中だ。

 両社はこれらの社内プロジェクトを文書化。Azure上のSAPアプリケーションの導入に関するガイダンスと、同システムを利用する技術を体系化し、顧客に提供していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.