特集
» 2018年01月10日 09時00分 公開

NEC Industrial IoT:NECが実践し、提案する「ものづくりの高度化」とは何か (1/2)

創業100年を超える製造業であるNECが自ら実践し、提案する「ものづくりの高度化」とは何か。トヨタ生産方式やグローバルSCMの次に着手したものづくり改革について、紹介する。

[渡邊宏,TechFactory]

 PCやタブレットといったなじみ深いものから、サーバやストレージ、業務用ネットワーク機器、珍しいところでは人工衛星・探査機までのものづくりを手掛けている、日本を代表する製造業の1つがNECだ。

 NECは1990年代からトヨタ生産方式をベースとした「ものづくり革新」に取り組んでおり、2010年にはグローバルにおける製造マネジメントの標準化を目指した「グローバルSCM」を展開。2015年には「NEC Industrial IoT」を発表し、製造業向けのIoT活用を体系化して提供している。

 2017年12月に行われた自社セミナーでは製造業であるNEC自身の改善事例を基に、「IoTやAIといった最新ソリューションをいかにして製造現場へ導入するか」「導入に当たって留意すべき点は何か」などが紹介された。

製造業「NEC」のものづくり

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.