ニュース
» 2017年12月28日 15時00分 公開

需要拡大を見込み:ナブテスコ、精密減速機の生産能力を増強――2020年度に年産120万台体制へ

ナブテスコは2018〜2020年度にかけて、精密減速機事業の生産能力を増強すると発表。2020年度に年産120万台体制を目指すという。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 ナブテスコは、2018〜2020年度にかけて、精密減速機事業の生産能力を増強することを発表した。2018年度から生産能力を積極的に増強し、2020年度に年産120万台体制を目指す。


 現在、精密減速機事業の生産は三重県津市の津工場と、中国江蘇省常州市の納博特斯克(中国)精密机器が担っている。2017年度期初時点での定時生産能力は年産64万台だ。2018年度下期時点で年産84万台に増強する計画で、約70億円の投資を進めている。さらに今後、津工場を対象に約190億円の投資を行い、2019年に106万台、2020年には120万台に増強する予定だ。

 津工場の設備増強では自動化、少人化、フレキシブルライン化、設備の高密度化をコンセプトとした最先端設備の導入により、電力消費量の従来比50%削減を目指す。

 産業用ロボット向け精密減速機で世界約60%の市場シェアを有する同社は、今後も生産の自動化ニーズの高まりや自動車業界での産業用ロボット導入の増加などに伴い、需要拡大が持続すると見込んでいる。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.