特集
» 2017年12月22日 09時00分 公開

SCF2017講演レポート:インテリジェントファクトリーの「今」と「これから」 (1/3)

つながる工場やインテリジェントファクトリーは実効性を問われる段階に来ている。SFC2017では富士通が島津製作所やINESA、大和ハウスなどが導入した同社ソリューションの事例を紹介した。

[渡邊宏,TechFactory]
photo 【写真】講演「AI/IoTで実現するインテリジェントファクトリー最前線」の演題に立つ、富士通の及川洋光氏(オファリング推進本部 デジタル革新オファリング統括部 AI&データアナリティクス推進部 シニアマネージャー)

 製造業において「製造業IoT」や「インダストリー4.0」、それに「スマート工場」などといったテーマは話題性だけにとどまらず、実効性を問われる段階に来ている。それはさまざまな調査でも明らかであり、トピックを抜粋するだけでも「77.3%がつながる工場の実現に向けて取り組みを開始」(TechFactory読者調査)、「製造業の76.4%がIoT活用でビジネスが進展すると回答」(富士通クラウドテクノロジーズ調査)など、具体的な導入に向けて動きが盛んなフェーズへと突入している。

 オートメーションと計測の総合展示会である「システムコントロールフェア2017/計測展2017 TOKYO」にて行われた富士通の講演では、島津製作所やINESA、大和ハウスなどが導入した富士通の「インテリジェントファクトリー」ソリューションの詳細とその効果、さらにはこれからの「インテリジェントな工場」を実現するさまざまな取り組みが紹介された。

島津製作所、見える化で「生産性15%向上」

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.