ニュース
» 2017年12月06日 09時00分 公開

ET2017講演レポート:スマート工場にはまだ“先”がある、そこに向けて解決すべき「課題」とは (1/3)

つながることで新たな価値を生むスマート工場は一部で成果も見られるが、“つなげる”プロであるシスコシステムズは「技術とビジネスの双方向に課題は残っている」という。その課題とは何か。

[渡邊宏,TechFactory]
シスコシステムズ 鈴木和洋氏 シスコシステムズ 鈴木和洋氏(戦略ソリューション・事業開発 兼 東京2020オリンピック・パラリンピック推進本部担当 専務執行役員)

 製造業において“つながる”ことは数年来のテーマとなっており、それは「IIoT」や「インダストリー4.0」「スマート工場」や「コネクティッドファクトリー」といった言葉で表される。大同小異ありながら、これらは“つながる”ことで新たな価値を生み出していこうという意志を示しており、一部では成果も上がっている。

 しかし、産業用ネットワークにも精通し“つなげる”ことのプロであるシスコシステムズの鈴木和洋氏(戦略ソリューション・事業開発 兼 東京2020オリンピック・パラリンピック推進本部担当 専務執行役員)は「技術とビジネスの双方向に課題は残っている」と述べる。

 ここではET2017で行われた鈴木氏の講演「コネクテッドファクトリーのその先へ 製造業のデジタルトランスフォーメーション」を紹介する。

「ITとOTの融合」は「幻滅期」

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.