ニュース
» 2017年12月01日 18時00分 公開

特選ブックレットガイド:日立製作所、IoTプラットフォーム「Lumada」によるイノベーション創出戦略

IoTプラットフォーム「Lumada」を有する日立製作所が注力する社会イノベーション事業の取り組みとは? シンクロン・ジャパンらが開催したセミナー「グローバル製造業/エグゼクティブセミナー2017」の講演から、日立製作所の戦略を読み解く。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は、『モノ主導からニーズ駆動へ、「Lumada」を源泉とした日立製作所の事業創造』をご紹介します!

特選ブックレットガイド

7800億円の赤字から「サービス」の原点回帰

photo

 日立製作所は、売上収益9兆1622億円(2016年度)、連結従業員数は30万人に上る国内最大規模の総合電機メーカーである。売り上げ構成比では、社会・産業システムが23%と大きな割合を占め、以下、情報・通信システム、高機能材料、電子装置・システム、建設機械などが続く。海外比率は48%で、今後は55%程度まで引き上げる方針を掲げている。

 日本を代表する大企業、日立製作所も2008年には約7800億円という最終赤字を記録したことがある。この経験を機に事業の見直しを図り、まずは“原点回帰”ということで、企業理念・創業の精神をあらためたという。

 日立製作所は、創業者である小平浪平氏により、1910年に……(続きは電子ブックレットをダウンロードしてお楽しみください)。


電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryで掲載された記事「モノ主導からニーズ駆動へ、『Lumada』を源泉とした日立製作所の事業創造」を基に制作しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.