ニュース
» 2017年11月30日 08時00分 公開

ジェイテクト:ジェイテクト安形社長「急速な完全電化は大げさ」ながら、電化を歓迎

話題の多い電気自動車だが、電動パワーステアリングで高いシェアを持つジェイテクトの安形社長はEV車の普及について2030年で10%程度だろうとし、その中でも「より自社の強みを生かせる」と主張する。

[渡邊宏,TechFactory]

 ホンダの欧州向け量産決定や第2世代「リーフ」の登場、トヨタら3社による新会社設立、異業種からの参入など話題の多い電気自動車(EV)だが、電動パワーステアリング(EPS)で高いシェアを持つジェイテクトの取締役社長 安形哲夫氏は完全EV車の普及について「2030年で10%程度」との調査結果を示しながら、自動車パワートレーンを巡る変化については「急速な完全電化ではなく、エンジンの小型化とモーターおよび電池の増加として理解するべき」と述べ、電化が進む中でより自社の強みを生かせると主張した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.