ニュース
» 2017年11月28日 08時00分 公開

IDC Japan AIシステム市場予測:製造業のAI利用は「品質管理」から、教師データ構築が課題に

製造業からの関心も高いAIシステムだが、日本国内においてはホワイトカラー向けデジタルアシスタント、製造業向け品質管理といった用途に向けた市場が形成されつつある。成長率は高く、2021年には2500億円を超える市場規模に。IDC Japan調べ。

[渡邊宏,TechFactory]

 企業においてAIを利活用する機運は高まりを見せており、日本国内においてもホワイトカラー向けデジタルアシスタント、製造業向け品質管理といった用途に向けた市場が形成され、2016年には158億円の市場を形成するに至った。

 調査会社のIDC Japanは日本国内におけるAI市場の調査を行い、2016年の市場分析と2021年までの市場予測を発表した。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.