ニュース
» 2017年11月28日 15時00分 公開

コグネックス Cognex Explorer RTM:バーコード読み取り業務の課題解決を支援するリアルタイムモニタリングシステム

コグネックスは、プロセスエラーを迅速に特定し、読み取り率とスループットを最大化するシステム「Cognex Explorer Real Time Monitoring」を発売した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 コグネックスは、プロセスエラーを迅速に特定し、読み取り率とスループットを最大化するシステム「Cognex Explorer Real Time Monitoring(RTM)」を発売した。


 RTMは、バーコード品質の傾向やバーコードリーダーの設定変更を監視し、工業用ハンドヘルド型バーコードリーダー「DataMan」で収集したデータを集計する。その傾向をレポートし、施設全体へフィードバックすることで、読み取り率の低下原因や障害の状況を迅速に特定する。監査ログやヒートマップがオンライン表示されるため、現場管理者は迅速に修正措置や工程の最適化に取り組める。

「Cognex Explorer Real Time Monitoring」 「Cognex Explorer Real Time Monitoring」出典:コグネックス

 また、スマートファクトリーやIndustry 4.0環境もサポート。DataManセットアップツールを使用して最大20台のDataManリーダーを構成可能で、その結果をブラウザベースのインタフェースでモニタリングできる。RTMから提供されるパフォーマンス統計は、PCやタブレット端末、スマートフォンを使って施設内のさまざまな場所で確認できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.