ニュース
» 2017年11月22日 08時00分 公開

異種混合学習技術:製造業の部品在庫削減をAIで、NECが自社ノウハウ生かし開発

NECがBTO生産において、AI技術を用いることで部品在庫を最大45%削減(金額換算)する成果を上げた。この成果を踏まえ、製造業の部品在庫削減を実現する「製品需要予測ソリューション」を2017年度中に提供開始する。

[渡邊宏,TechFactory]

 NECは自社が開発するAI技術の1つである「異種混合学習技術」を生かした、製造業の部品在庫削減を実現する「製品需要予測ソリューション」を2017年度中に提供開始する。試験導入した甲府事業所でのBTOサーバ生産においては、部品在庫を最大45%削減(金額換算)した結果を残している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.