Special
» 2017年11月22日 10時00分 公開

ワークフロー再構築の止まった針を動かす“イガイ”な選択肢とは

ワークフロー再構築をなかなか進められなかった企業が“イガイ”な選択肢をとることで止まっていた時計の針がようやく動いた。3つの成功ケースを紹介。

[ITmedia]

 ワークフローの新規導入やリプレースを実行したものの、どうもうまくいかなかったという経験を持つ企業はいまだに多いのではないだろうか。ワークフローの導入を阻んだり、失敗に至ったりする理由としては、「操作が難しい、使いづらい」「カスタマイズができず、業務に合わない」「既存の仕組みやフローをうまく継承できない」「費用対効果が高くない」といったことが挙げられるだろう。今回は紙ベースからの電子化、あるいは既存システムからのリプレースに取り組んだにもかかわらず、上記のような原因でワークフローの再構築がなかなか進められなかった企業が、ある“イガイ”な選択肢をとることで、止まっていた時計の針を見事に動かすことに成功したという3つのパターンを紹介しよう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2018年3月31日