ニュース
» 2017年11月10日 08時00分 公開

横河電機:共創活動により企業価値の向上を支援する「Synaptic Business Automation」を策定

横河電機は、制御事業の新しいビジネスコンセプト「Synaptic Business Automation」を策定。最新ITと同社の知見や技術などを融合し、顧客事業の変革を支援するという。

[八木沢篤,TechFactory]

 横河電機は2017年11月6日、制御事業の新しいビジネスコンセプト「Synaptic Business Automation」を策定したことを発表した。

 同コンセプトは、顧客ビジネスの理想的な姿を示すもので、最新ITと長年同社が培ってきたプラントマネジメント、プロセスなどについての知識や制御技術、ソリューションとコンサルティングを融合させ、顧客事業の変革を支援していくという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.