ニュース
» 2017年10月31日 12時00分 公開

ソシオネクスト GP1:GoPro最新機のプロセッサ、ソシオネクストが共同開発

ソシオネクストはGoProと共同で、「Milbeaut」の技術を基に、GoProの最新カメラ「HERO6 Black」に搭載されるイメージシグナルプロセッサ「GP1」を開発した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 ソシオネクストは2017年10月2日、米国のGoProと共同で、ソシオネクストの画像処理用SoC(System on Chip)「Milbeaut(ミルビュー)」の技術を基に、GoProの最新アクションカメラ「HERO6 Black」に搭載されるイメージシグナルプロセッサ「GP1」を開発したと発表した。

photo 「HERO6 Black」に採用されたイメージシグナルプロセッサ「GP1」

 GoProのHERO6 Blackは、4K/60fpsの動画と12Mピクセルの静止画をサポートする他、高度なブレ補正技術も搭載している。4K/60fpsの実現には、大量のデータをリアルタイムかつ低消費電力で処理する必要があり、イメージシグナルプロセッサには高い性能が求められる。

 ソシオネクストは、SoCの設計/開発を主事業とする。カメラシステム向けのMilbeautシリーズは、2000年の発売以来、一眼レフ、スマートフォンから産業用機器まで、幅広い画像/映像処理ニーズに対応してきた。同社は今回、そうした豊富なSoC設計技術とGoProの画像処理技術を組み合わせ、HERO6 Blackが必要とする画質、ブレ補正技術、低消費電力といった仕様を満たすプロセッサを開発した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.