ニュース
» 2017年10月19日 15時00分 公開

ヤマザキマザック VARIAXIS i-300 AWC:多品種少量生産を行う自動化システムへのニーズに応える同時5軸加工機

ヤマザキマザックは、自動化システム一体化型の同時5軸加工機「VARIAXIS i-300 AWC」を発売した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 ヤマザキマザックは2017年9月下旬に、自動化システム一体化型の同時5軸加工機「VARIAXIS i-300 AWC」を発売した。省スペースで多品種少量生産を行う自動化システムへのニーズに応える。

 VARIAXIS i-300 AWC は、多段ワークストッカー「オートワークチェンジャー」と拡張型工具マガジン「多連式ドラムツリーマガジン」を搭載。オートワークチェンジャーは、ストッカー内の素材と加工が完了した機内のワークを自動交換や収納をする装置。最大60kgまでのワークに対応し、省スペースで標準32個、オプションで40個のワークの交換や収納ができる。

同時5軸加工機「VARIAXIS i-300 AWC」 同時5軸加工機「VARIAXIS i-300 AWC」

 多連式ドラムツリーマガジンは、従来機より大幅にフロアスペースを縮小したが、生産状況に応じて工具収納本数を段階的に拡張できる。これらの自動化システムは自動運転ソフトウェア「Smooth AWC」が統合管理し、ワーク、工具、プログラムといった作業者の段取りを支援する。

 主軸は1万2000min-1の標準タイプに加え、オプションで高速タイプを3種類そろえた。これにより、精密部品の加工面品位の向上など、多様な加工ニーズに合わせた仕様選択ができる。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.