ニュース
» 2017年10月13日 15時00分 公開

シチズンマシナリー Miyano BNA42GTY:低周波振動切削技術搭載した重切削、中径材料加工向け自動旋盤

シチズンマシナリーは、切りくずの分断により長時間の高精度加工を可能にする「低周波振動切削(LFV)」技術を、新たに重切削、中径材料加工向けの主軸台固定形自動旋盤「Miyano BNA42GTY」に搭載した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 シチズンマシナリーは2017年9月、切りくずの分断により長時間の高精度加工を可能にする「低周波振動切削(LFV)」技術を、新たに重切削、中径材料加工向けの主軸台固定形自動旋盤「Miyano BNA42GTY」に搭載したと発表した。同月11日より同機種の受注を開始した。

 LFV技術は、サーボ軸を切削方向に振動させ、切削中に刃物が当たらない時間を設けて切りくずを分断させる加工技術だ。切りくず容量を大幅に縮小し、ワーク表面への傷を防止するため、長時間の高精度加工が可能になる。

 Miyano BNA42GTYは、Y軸を搭載したタレット刃物台とくし刃型刃物台を備え、最大45本の工具が装備できる。コンパクトながら2工具と3工具の同時加工に対応し、生産性向上に寄与する。

「Miyano BNA42GTY」 「Miyano BNA42GTY」

 同社はこれまで、小径加工を得意とする「Cincom(シンコム)」ブランドにLFV技術を搭載してきた。今回、同技術を重切削、中径材料加工に強い「Miyano(ミヤノ)」ブランドの主力機種Miyano BNA42GTYに採用することで、最大加工径42mmまで対応可能になった。中径材料加工向けの機械は、切りくずに関する多くの課題があるが、同技術を搭載することで、これらの課題の解決を図った。

 同社は、2017年度中にLFV技術搭載機種をさらに2機種追加する予定。今後も主力製品を中心に、LFV技術搭載機種を拡大していく。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.